2010年08月28日

事件の解明について遺体を解剖するのは反対??

遺体解剖が必要と思っている人が多いと思います。

たとえば、少し前に起きた8歳児の自殺。
タオルで首をつった、とありますが、ちょっときな臭く感じます。
あれ以来いっさい報道がないのはどうしてでしょう?
自殺としてあっさり処理されたからでしょうか。
にしても8歳児が自殺って、すごい重いことで、
マスコミはこういう事件こそ徹底追及すべきではないかと思います。
そういえば、飯島愛さんの直接的な死因って
何だったんでしょう?
けっこう前の話になりますが・・・。

外国為替証拠金取引(FX)をがっつり極めることが重要ですね。

遺体解剖、85%が「必要」=犯罪死見逃し防止で世論調査―政府
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100826-00000101-jij-soci

警察庁によると、2000年からの10年間に警察が
取り扱った遺体約140万体のうち、別の事件で
逮捕された容疑者の供述などから、後に犯罪性が
判明したのは19件に上るとのこと、わたしも、
明らかな病死や事故死でないかぎり、解剖の機会を
増やす必要はおおいにあると思います。

らしいよね、羽毛布団と畳といぐさ|安眠三種の神器について考えることが。


政府は26日、犯罪死の見逃し防止に関する世論調査で、
85.3%が「遺体を解剖する機会を増やす必要がある」
と回答したと発表したが、ただし、65.2%が
「警察が犯罪性がないと判断したのに、遺族の意向にかかわらず解剖することには抵抗を感じる」とも
答えており、警察庁は「慎重さを求める一定の声を
重く受け止めつつ、解剖率の向上に取り組んでいきたい」
としているそうです。

参考:日本製電子タバコ専門店|表面的に日本製を語る電子タバコを見破る方法

より犯罪の全貌が見えるかと思います。
posted by haru at 03:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。